ヴェルデン・ウッド 不要になった瓦を再利用。機能性豊かな【瓦チップ】に生まれ変わります。

taitle

瓦チップは、いらなくなった瓦を粉砕して再利用した環境にやさしいエコなリサイクル素材です。優れた透水性を持ち、ぬかるみ防止・ヒートアイランド現象の防止にも効果的です。また、保水性が高いので園芸・ガーデニング用の鉢底石としても利用できます。用途によっては踏むと「ジャリジャリ」と音が鳴りますので、防犯効果にも期待できます。また、瓦は粘土を焼き固めた硬質セラミックですので養分がなく、 チップにして敷き詰めることで雑草等の成長も抑えることが出来ます。 これらにより景観性向上・防草効果が期待できます。チップ自体で地表を覆うため雑草が生えにくくなりお庭のお手入れの負担が軽減できます。使って水たまり・水ハネを抑えます。 まさに、家屋回りの、あらゆる箇所で役に立つ素材となるわけです。

多孔質で優れた保水性・透水性・吸水性を持つ瓦チップ


2瓦は炭などと同じように多くの穴をたくさん持っています。表面積が非常に大きい物質です。表面積が大きいと、それだけ多くの水分を保つことができます。舗装材として利用すれば都市部のヒートアイランド現象を抑える保水性舗装となります。また、透水性、吸水性にも優れています。チップとして利用するなら、そのまま花壇やガーデニング、ぬかるんだ土地、排水材などに利用することも可能です。また、水質浄化作用もあり、河川の底などに敷いておくと水質改善につながります。実際にこれらの活用をおこなっている自治体も多数あります。

瓦チップのリサイクル施工例

illust

特徴 用途 サイズ

1・抜群な透水性、保水性、吸水性に優れている
2・人体や環境に無害な自然素材
3・熱伝導率が低い
4・照り返しが少ない
5・二酸化炭素(CO2)の削減効果
6・ヒートアイランド現象の緩和
7・滑りにくい
8・雑草の抑制効果

1・庭ガーデニング
2・花壇スペース
3・緑地帯
4・室内壁のアクセント
5・ニッチ等
6・飾り壁
7・建物回り
8・防犯瓦
9・草の抑制
10・真夏の気温低減
11・玄関アプローチ
12・駐車場
13・外構塗り

0~40mm

アクセス数

  • 22795ページ閲覧数:
  • 18317サイト訪問者数:
  • 0現在サイト閲覧中の人数:
PAGETOP